坐骨神経痛

坐骨神経痛は湿布で治る?温湿布や冷湿布について解説。

坐骨神経痛は湿布で治る?
温湿布や冷湿布について解説。

 
坐骨神経痛に湿布を貼る
坐骨神経痛は湿布で治るのでしょうか?
整形外科や接骨院に行くと、湿布をくれるのは皆さんご存じだと思います。
坐骨神経痛に湿布って効くの?と時々聞かれるのですが、実際はどうなのでしょうか。
ここでは坐骨神経痛と湿布について解説します。

理学療法士や作業療法士も坐骨神経痛で来院する整体院。

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷の整体オーラウェーブ療術院
 

坐骨神経痛は湿布では良くならない

実は坐骨神経痛は湿布で良くなることはありません。
湿布は筋肉が疲労した際に効果的だと思われます。
なので筋肉痛などに湿布を用いるのは良いと思います。
坐骨神経痛も痛みが出ている部分は筋肉の硬直が見られますが、湿布を貼ることによって症状が解消されることはありません。
もし症状が落ち着いたとしても、それは自然に落ち着いたということです。
湿布を貼るとスースーする感じで効いている気がするかもしれませんが、気休め程度だと思います。
当院に坐骨神経痛で来院する方も湿布を貼っている方は多いのですが、症状が改善されていないのが実情です。
 

坐骨神経痛には温湿布と冷湿布のどちらがいい?

温湿布と冷湿布についてです。
湿布といっても、温かいのと冷たいのがあります。
坐骨神経痛は湿布で治らないとはいっても、それでも貼っておきたいのが心情でしょう。
坐骨神経痛では温湿布と冷湿布、どちらがいいか悩まれる方は多いです。
温湿布と冷湿布

冷湿布は急な坐骨神経痛に使う

たとえば急に筋肉を痛めてしまった場合は冷湿布がおすすめです。
冷えることで血流を抑制し、筋肉の炎症を抑える作用があるからです。
坐骨神経痛でも熱感があるようでしたら、冷湿布でも構わないと思います。

温湿布は慢性的な坐骨神経痛に使う

温湿布は慢性的な痛みに使用します。
炎症が落ち着いている場合、血流の循環を良くして老廃物や栄養素を運びやすくするためには温める必要があります。
坐骨神経痛も熱感が無く慢性的な症状なら温湿布が良いと思います。

坐骨神経痛では温湿布も冷湿布も効果は同じ

湿布は温かい冷たいの違いはありますが、どちらも効果は同じです。
坐骨神経痛で湿布を貼る場合には、ご自分が気持ちいいほうを使えばいいと思います。
しかし坐骨神経痛を改善するには、血流を良くして筋肉を緩める必要があります。
そういう意味では温湿布のほうが坐骨神経痛には効果的だと思います。
 

湿布を貼っているとかぶれることも

坐骨神経痛は痛みやしびれの出ている範囲が広い場合も珍しくありません。
湿布をたくさん貼っていたり、長期間使用していると皮膚がかぶれてくるという方は多いです。
湿布を貼る場合は、様子を見ながらほどほどにしましょう。
 

坐骨神経痛は湿布で治すのではなく、しっかり治療を受ける

坐骨神経痛は湿布を貼って治るということは決してありません。
必ずしっかりした治療を受ける必要があります。
治療を受けて良くなった坐骨神経痛は、ぶり返すリスクもかなり減るからです。
当院では歩行困難や寝たきりなど、重度の症例も多数あります。
坐骨神経痛でお悩みでしたら、一度ご相談下さい。
 

坐骨神経痛なら、越谷市の整体院オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体院オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛について詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。
坐骨神経痛の治療について。
 
※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問い合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで