坐骨神経痛

坐骨神経痛の座り方について。坐骨神経痛のときはどう座ればいい?

坐骨神経痛の座り方について。
坐骨神経痛のときはどう座ればいい?

坐骨神経痛の座り方についてです。
坐骨神経痛のときはどう座ればいいのでしょうか?
坐骨神経痛の座り方
坐骨神経痛を発症すると、上のような座り方ができなくなることも多いです。
普通に座っていられないという方は、実はとても多いのです。
中には座っているほうが楽という方もおられますが、たいていは座っていられない方のほうが多い見られます。
ここでは、坐骨神経痛のときの座り方について簡単に解説していきます。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院
 

坐骨神経痛を発症しているときの座り方

坐骨神経痛はたいてい片側に発症します。
なので座るときには、皆さん痛いほうのお尻を浮かして座っています。
正しい姿勢で座れと言われても、痛いので座れるわけありません。痛いのを我慢して座っていたら坐骨神経痛が悪化する可能性もあります。
座っていて楽だとしても、長時間座っていられるわけもありません。そういう意味では、坐骨神経痛が楽になる座り方というのは無いのです。
それでも座らなければならないというのであれば何とか考えないといけません。
難しいですが、坐骨神経痛の座り方について解説していきます。

腰にペットボトル

背もたれのあるイスで、坐骨神経痛でも腰を伸ばせるのが条件です。
背もたれのあるイスに深く座り、背もたれと腰の間に500mlのペットボトルを入れます。その状態で座ることで、力を入れずとも良い姿勢を保ったまま座れます。
もちろん痛みが出るようでしたら、無理しないでストップしましょう。

正座

坐骨神経痛の座り方として、正座なら楽だという方はおられます。
正座すると姿勢も良くなるので悪いことはありません。
ただし姿勢が良いからといってそのまま硬直しているようでは意味がありません。
体が軽く揺れたり、微調整できる状態をキープしましょう。

腕で浮かす

前に机があるようでしたら両腕を机に乗せて体重を支え、お尻を浮かせます。
お尻が圧迫されない分、楽だったりします。
しかし長時間その体勢でいられるわけもなく、そこまでして座る必要もないはず。
坐骨神経痛の座り方としては無理はあります。

 

坐骨神経痛になりやすい座り方

一般的にはあまり知られていませんが、実は坐骨神経痛になりやすい座り方というのもあります。。

横座り

横座りは、女性がよくやる座り方です。
毎日のように繰り返していると、坐骨神経痛を発症する可能性が高まります。
坐骨神経痛で横座りをしている
これが横座り。
これでどこに負担がかかっているかというと、右側になります。
左のお尻が圧迫されているので左に出やすいと思ってしまいますが、まず右に坐骨神経痛が出ます。
後ろから見ると、普段は横座りをしてるのだろうとすぐわかります。
この座り方をやめてもらっただけで、坐骨神経痛が無くなった方もおられます。
横座りは楽かもしれませんが、坐骨神経痛に拍車がかかる座り方なのでやめたほうがいいでしょう。
 

坐骨神経痛のときは無理して座らなくていい

座っているほうが楽だという場合を除き、座っているのがきつい方は無理して座らないほうが無難です。
痛みが出るということは坐骨神経が圧迫されているということです。その状態で座るというのは、正直無理があるのです。
座り方を模索するより、積極的な治療を受けることが重要です。
坐骨神経痛が改善されるにつれ、普通に座れるようになってきます。ご自分に合った治療を受けられることをお勧めします。
 

坐骨神経痛なら、越谷市の整体院オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷市の整体院オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛について詳しく知りたい方はこちらもご覧下さい。
坐骨神経痛の治療について。
 
※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問い合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで