坐骨神経痛

【坐骨神経痛 症状】坐骨神経痛の軽度や重度の症状について。

【坐骨神経痛の症状】
坐骨神経痛の軽度や重度の症状について。

坐骨神経痛の症状が出ている。
坐骨神経痛と言われても、どういった症状なのか実際にはよくわからないという方もけっこうおられます。
一度でも坐骨神経痛になったことがある方ならわかるでしょうが、初めて発症した方は自分が本当に坐骨神経痛なのかもわからなかったりするのです。
病院を受診して坐骨神経痛と診断されている方もいれば、病院を受診せずに当院に来院される方もいます。
病院を受診していない場合は「この症状って坐骨神経痛なのですか」と質問されることもたまにあります。
ひとことで坐骨神経痛といっても、その症状は人によって様々ですし、症状の度合いも軽度や重度など人によって異なります。
ここでは実際に当院に来院された方の坐骨神経痛の症状を紹介、解説していきます。
坐骨神経痛の症状でお悩みの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士も坐骨神経痛の症状で来院する整体院。

坐骨神経痛の症例や実績は県内でもトップクラスの整体院です。
坐骨神経痛治療なら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院
 

坐骨神経痛の症状はどの部分に出る?

坐骨神経痛の症状はどの部分に出るのでしょうか。
坐骨神経痛とは、腰椎から下肢に向かって伸びている神経がどこかで圧迫されるために起きる症状です。
なので坐骨神経痛の症状というのは下半身に出るのが特徴であり、ほとんどの場合は片側に症状が出ます。
具体的に言うと、でん部(お尻)、尾骨周辺、太ももの裏、太ももの側面、太ももの前側、膝裏、ふくらはぎ、脛(すね)、足首、足の指先のどこかに発症するのが特徴です。
骨盤より上に症状が出ている場合は、坐骨神経痛というよりも筋肉的な症状なので、それは単なる腰痛と思っていいでしょう。
 

坐骨神経痛ではどんな症状が出る?

坐骨神経痛ではどんな症状が出るのでしょうか。
基本的にはお尻から太もも、ふくらはぎにかけて痛みや痺れが出るのが特徴です。
しかし、同じ痛みや痺れでも度合いが違ったり、人によって感じ方が違っているのが特徴的です。
実際にあった坐骨神経痛の症状を紹介していきます。

主な坐骨神経痛の症状

 ●お尻から太もも、ふくらはぎにかけて痛みや痺れが出る
●足の付け根、尾骨周辺、お尻の奥のほうに痛みがある
●足首や脛の筋肉が腫れたような感じになって痛い
●正座のあとみたいな感じで、足が常に痺れている
●足を触った感覚が違う
●針でつつかれているような痛み、刃物で刺されているような痛みのことも
●ジンジンしていたりズキズキしていたり、人によって違う
●足が冷たい感じになる
●足の感覚が麻痺する
 

動作による症状

 ●普通に歩けない
●一定の距離しか歩くことができない
●立っているのがつらい
●座っているのがつらい
●腰を伸ばせない
●前かがみになれない
●上半身を左右にひねれない
●あお向けで寝れない
●うつ伏せになれない
●痛いほうを下にして、横向きで寝れない
●あお向けの状態で、足を挙上することができない
 
以上が坐骨神経痛でよく見られる症状です。
ほとんどの坐骨神経痛では、これらの症状が発症しているはずです。
 

坐骨神経痛の軽度の症状とは?

坐骨神経痛の軽度の症状では日常生活に支障が出るほどの痛みやしびれはありません。
急な動作で痛みが出たり、軽く痺れている程度の症状だったりします。
その状態で何年も経過しているという方もおられます。
しかし軽い坐骨神経痛が何かのキッカケで激しい症状に悪化してしまうケースもあります。
軽度の坐骨神経痛でも油断せずに、何らかの治療を受けて改善するようにしましょう。
 

坐骨神経痛の重度の症状とは?

重度の坐骨神経痛の症状は、かなりきつい症状を有します。
痛みや痺れはもちろんありますが、その度合いが半端ではないようです。
日常生活でもかなりの支障が出ており、外出も困難だったり、トイレに行くのも1時間以上かけて這っていくということもあります。
上半身を起こすこともできずに、寝たきり同然になってしまうケースもあります。
 

その他、重度の症状

その他、坐骨神経痛の重度の症状について解説していきます。
ここまでの症状が出ているなら、入院レベルといえるでしょう。

麻痺

麻痺を起こして足の感覚が無くなる症状です。

排尿障害

おしっこが勝手に出てしまったり、逆に出なくなったりします。

めまい

これは尿路結石でも見られますが、神経が刺激されることでめまいや嘔吐を伴うケースもあります。

坐骨神経痛で重度の症状が出ているときは、必ず病院を受診する

坐骨神経痛でこれらの症状が出ているときは、病院で検査すると何らかの所見が見られることがほとんどです。
こういったケースでは手術するのが最善の治療法だったりします。
腰の状態を把握するためにも、必ず病院で検査するようにしましょう。
 

坐骨神経痛の症状が出ると、日常生活はどうなる?

坐骨神経痛の症状が出ている。
坐骨神経痛の症状が出ると、日常生活はどういった感じになるのでしょうか。
症状の度合いにもよりますが、軽度ならさほど支障が無かったりします。
なにかのときにちょっと痛んだり、痺れが出る程度で済むからです。
しかし、ある程度症状が強い場合は日常生活にかなりの支障が生じてきます。

坐骨神経痛の症状で多いのは、歩行困難と就寝時の痛み

片方の足が痛むため、地に足をつけることができずにびっこを引いて歩いてしまいます。
そして就寝時、痛みのためになかなか寝付けなかったり、寝ても痛みで起きてしまったりします。
実際にあったケースでは、2日間一睡もできなかったということもあります。
歩行困難と寝付けないというのは、坐骨神経痛の症状が出ている方にはよく見られます。

坐骨神経痛が出ると、仕事に行けないことも

坐骨神経痛の症状が強く出ている場合は、仕事に行けない方も多くおられます。
日常生活に支障が出ているくらいなので仕事にもなりませんし、会社に行くのも無理だったりします。
家庭持ちの男の人が仕事を長期休むくらいなので、このことからも坐骨神経痛の症状がいかにきついかといえるでしょう。
 

坐骨神経痛と同じ症状でも、原因が違うことも

坐骨神経痛と同じ症状でも、原因が違うこともあります。
例えば坐骨神経痛の人が二人いて、お尻とふくらはぎに痛みや痺れが出ているとしましょう。二人ともまったく同じ症状だと仮定します。
しかし、同じ症状でも原因が違うのです。
例えばまったく同じ症状でも、一方は椎間板ヘルニアが原因、もう一方は股関節が原因ということもあります。
基本的に腰の悪い方が坐骨神経痛を発症するものなのですが、股関節の悪い方も同様の症状を有することがあります。
このように腰に異常が無くても、まったく違った原因から同じような症状が出ることがあるのです。
 

坐骨神経痛の症状が両足に出ることも

坐骨神経痛の症状が両足に出ている。
坐骨神経痛の症状が両足に出ることもあります。
基本的には片方に発症するのですが、まれに両足に痛みやしびれの症状が出ることがあるのです。
こういった症状の場合は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が見つかることがあり、どちらかというと重症の部類に入るでしょう。
両足に坐骨神経痛の症状が出ている場合は、必ず病院で検査を受けるようにしましょう。
 

坐骨神経痛の症状をかばうことで姿勢が悪くなる

疼痛性側弯について
片方の足に坐骨神経痛の症状が出ると、それをかばうために姿勢が悪くなります。
よく見られるのが上記にある右のような姿勢です。
「疼痛性側弯(とうつうせいそくわん)」といいますが、痛いほうの足をかばうために上半身が左に流れています。
左足に坐骨神経痛の症状が出ている場合は、上半身は右に流れます。
これを気にしている方もけっこう多いですが、坐骨神経痛を発症するとかなりの割合でこういう姿勢になります。
しかし坐骨神経痛の症状が良くなってくればかばう必要も無くなるため自然と戻ってきますし、戻りきらない場合は施術の最中に戻すこともあります。
坐骨神経痛の症状がひどいときに無理にバランスを取ろうとすると症状が悪化してしまう可能性もあるので、その点だけは気を付ける必要があるでしょう。
坐骨神経痛のときは誰でもこういったバランスになりますし、戻らないものでもないので、これに関してはさほど気にすることもないでしょう。
 

坐骨神経痛の症状が悪化するとどうなる?

坐骨神経痛の症状が悪化するとどうなるのでしょうか。
当然、痛みやしびれの度合いが増しますし、痛みの出てる範囲も広がったりします。
患部に触れると炎症を起こしているような感じで腫れていることもあります。
そして坐骨神経痛の症状は悪化させてしまうと、当然ながら治りも悪くなってしまいます。
症状がひどくなる前に、何らかの治療を受けて解消するようにしましょう。
 

坐骨神経痛の症状はかなりきつい

これまで坐骨神経痛の症状について解説してきましたが、坐骨神経痛はかなりきつい症状です。
当院でも様々な症状の方が来院されますが、坐骨神経痛よりつらい症状は無いのではないでしょうか。
症状の度合いとしては、通常の腰痛やぎっくり腰などの比ではないのです。
しかし、坐骨神経痛は解消できない症状というわけでもありません。
場合によってはなかなか難しいケースというのもありますが、重度の症状でもゼロまで解消できている例は多くあります。
坐骨神経痛の解消や予防には、何らかの治療を受けることが重要です。
ご自分に合った治療を受けることで、坐骨神経痛の症状の早期解消につながるのです。
 

坐骨神経痛でお悩みなら、越谷の整体院オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
坐骨神経痛の治療について。
 
※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで