オーラウェーブ療術院院長コラム

悪化させたぎっくり腰の解消例。越谷レイクタウンの方。

悪化させたぎっくり腰の解消例。
越谷レイクタウンの方。

性別:女性
年齢:36歳
職業:会社員
主訴:悪化させたぎっくり腰

1週間ほど前にキャンプに行き、そこで軽いぎっくり腰を起こしたとのこと。
特に治療なども行かなかったそうだが、昨日くらいから痛みが増してきた。
もともと腰が良くなかったそうで、小学6年生の頃から腰痛があったらしい。
腰にはコルセットを巻き、仕事にも行けない状態。
越谷レイクタウンから来院された。

 

ぎっくり腰で越谷レイクタウンから来院した方の施術結果

1回目:

施術前に、どういった動作でぎっくり腰の痛みを感じるのか確認する。
一番痛みが出るのは腰を反らす動作で、腰の下、特に左側に強く痛みが生じている。
日常生活では、かがむ・しゃがむ・起き上がるなど動き出す際に一番痛みが出るとのこと。
骨格の状態はさほど悪くないので、施術は血流循環を促すことで、ダメージを受けている腰の筋肉を緩めて回復させていく。
施術後は、腰を反らす際の痛みは残っているものの、動き出すときの痛みが大幅に軽減されている。

 

2回目:次の日。

ぎっくり腰の痛みはまだ残っているものの、前日よりもだいぶ改善されているとのこと。
仕事にも出勤することができたらしい。
前回と同様に、腰周辺の筋肉をしっかり緩めていく。
施術後は、動き出す際の痛みは出ていない。
腰を反らした際の痛みも解消され、かなり反らすことができるようになっている。

 

ぎっくり腰を施術した院長のコメント

悪化させたぎっくり腰で、越谷レイクタウンから来院されました。
子供の頃から腰痛もちだったそうで、腰の筋肉にだいぶ固さがある状態でした。
ぎっくり腰では痛みを感じているのは筋肉なので、基本的には筋肉の状態が良くなることで痛みは解消されていきます。
今回のケースでも、骨格はいじらずに筋肉のみを緩めていくことでぎっくり腰の痛みが解消されました。
ぎっくり腰を起こしても、放置したり機械による電気治療などを受ける方もおられますが、それでは完治することはできませんし悪化させてしまうリスクもあります。
腰の状態が悪くなると坐骨神経痛に発展することもあり、そうなると別次元の痛みとなります。
ぎっくり腰を起こしたときは早めにしっかりした治療を受け、腰の状態を回復させることが重要です。
越谷レイクタウンでぎっくり腰でお悩みの方も、お気軽にご相談下さい。

 

ぎっくり腰なら、越谷市の整体オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
ぎっくり腰なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

※ホームページから、ぎっくり腰についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top