オーラウェーブ療術院院長コラム

坐骨神経痛は、体重や肥満も関係ある?

坐骨神経痛は、体重や肥満も関係ある?

坐骨神経痛と体重。体重が重かったり肥満だったりすると、腰痛や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になりやすいということを聞きます。
当院に来院される方でも、腰に関する症状の場合、体重が多かったり肥満傾向の方の割合が多くなるように感じています。
実際に、坐骨神経痛では体重や肥満も関係あるのでしょうか。
ここでは、坐骨神経痛と体重の増減、肥満について解説していきます。
坐骨神経痛でお悩みの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士も坐骨神経痛で来院する整体院

重度の坐骨神経痛や椎間板ヘルニアの症例や実績が多数ある整体院です。
坐骨神経痛なら越谷の整体 オーラウェーブ療術院

 

坐骨神経痛は体重も関係ある?

坐骨神経痛は、体重も関係あるのでしょうか。
体重が重くなれば、その重さで腰にかかる負荷も大きくなってきます。
負荷が大きくなれば腰椎が圧迫されるので椎間板ヘルニアにもなりやすいですし、それが長年続けば骨が変形して脊柱管狭窄症になる可能性も高くなると思われます。
そうなれば坐骨神経痛を発症する確率も高くなってきますので、こういった点からも体重が重くなればなるほど坐骨神経痛になりやすいと言えるでしょう。

 

坐骨神経痛は肥満だとなりやすい?

坐骨神経痛と肥満について。坐骨神経痛は肥満の方になりやすい傾向があると思います。
実際に当院に来院する方を見ていると、坐骨神経痛など腰の症状で来院する方は、その他の症状に比べて肥満傾向の方が多いように感じています。
前述したように、体重が重くなれば骨に異常をきたす可能性が高くなるため、坐骨神経痛は肥満だとなりやすいと言えるかもしれません。
病院でも、お医者さんに体重を減らすように勧められる方も実際におられます。

 

体重を減らせば坐骨神経痛も良くなる?

体重を減らせば坐骨神経痛は良くなるのでしょうか。
実際のケースでは、体重を数kg落としたら坐骨神経痛が良くなったという方もおられました。
坐骨神経痛にかぎらず、腰痛でも体重を減らしたことでだいぶ良くなったというお話も聞きます。
このことからも、体重を減らすことで坐骨神経痛の改善が見込める場合もあるのです。

 

肥満だと坐骨神経痛は治らない?

肥満のままだと坐骨神経痛は治らないのかと思われる方もいますが、そうでもありません。
体格のいい方でも、体重はそのままの状態で坐骨神経痛がゼロまで解消できている方も多くおられます。
それにはしっかりと治療を受ける必要がありますが、椎間板ヘルニアの場合でも坐骨神経痛を解消できているケースも多くあります。
体重を落とすには時間がかかるので、まずは何らかの治療をしっかり受けるようにしましょう。
それと並行して体重を落としていくといいのではないでしょうか。

 

坐骨神経痛でお悩みなら当院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛の治療法】坐骨神経痛を治すための治療法について。

 

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top