オーラウェーブ療術院院長コラム

【坐骨神経痛 しびれ】坐骨神経痛の痺れについて解説。

坐骨神経痛のしびれについて。

坐骨神経痛のしびれが出ている。坐骨神経痛の特徴的な症状の一つとして、「しびれ」というのがあります。
激痛だけにとどまらず足がしびれてしまうことで感覚が鈍り、歩行困難や夜眠れないなどの症状で悩まれている方も少なくありません。
しびれが出る部分には個人差があり、太ももがしびれているという方、ふくらはぎやスネがしびれるという方、指先や足裏がしびれるという方、足全体がしびれているという方など様々です。
さらに常にしびれているという方や、何らかの態勢を取ったときにしびれが出るといった感じで、しびれが出る条件というのも個人差があるのです。
この坐骨神経痛のしびれというのは解消できるものなのでしょうか。
ここでは、坐骨神経痛のしびれについて解説していきます。
坐骨神経痛で足が痺れてお悩みという方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛なら越谷市の整体オーラウェーブ療術院

 

坐骨神経痛のしびれが出る原因とは

坐骨神経痛のしびれが出る原因とはどういったものでしょうか。
これは、神経が何らかの刺激を受けているからに他なりません。
腰から足にかけて伸びている坐骨神経がどこかで圧迫されてしまっているために、ジンジンとしたしびれが出てしまうのです。

椎間板ヘルニアがしびれの原因になることも

坐骨神経痛のしびれが出る原因で多いのが、椎間板ヘルニアです。
骨と骨の間にある椎間板が飛び出て神経を圧迫することで、足にしびれが出てしまうというものです。
椎間板ヘルニアの他に、脊柱管狭窄症が原因でしびれが出ることもあります。

検査で異常が無いのにしびれが出ているケース

レントゲンやMRIの検査で異常が見つからないのに、坐骨神経痛のしびれが出ているというケースもよくあります。
骨には異常が無いのに、症状だけはしっかり出ているのです。
この場合は、腰やお尻の筋肉が神経を圧迫していると考えられます。
筋肉のコリが神経を圧迫している場合は、病院の検査で判別することはできません。
このように、骨の異常がまったく見つからないのに坐骨神経痛のしびれが出ているケースは案外多く見られます。

 

坐骨神経痛のしびれに対する治療

坐骨神経痛のしびれが出ている。坐骨神経痛のしびれに対する治療はどういったものなのでしょうか。
病院では、坐骨神経痛に対して行われる治療というのは痛み止めか手術しかありません。
そのため、病院にしか行っていない方はどこで治療すればいいのか、どういった治療を受ければ坐骨神経痛のしびれが解消できるのかと悩まれていることも多いです。
しかし、坐骨神経痛は病院以外の治療院で処置することも可能な症状です。
当院でも坐骨神経痛の方は多く来院されますが、激痛やしびれを伴っている重度のケースでも、症状がゼロまで解消できている例は多くあります。
ここでは、当院で行っている坐骨神経痛のしびれに対する治療について解説していきます。

坐骨神経痛のしびれに対する治療は、筋肉を緩めるのが効果的

坐骨神経痛のしびれに対する治療として有効なのが、「筋肉を緩める」というものです。
坐骨神経痛のしびれは、神経が圧迫されているために起きています。
神経や骨格が圧迫される原因として挙げられるのが、「固くなった筋肉」です。
筋肉が緊張して固くなるために、骨格や神経が圧迫されて坐骨神経痛のしびれに発展します。
しかし、筋肉の緊張が緩むことで神経や骨格への圧迫が軽減されるので、坐骨神経痛のしびれの改善につながっていくのです。
これは椎間板ヘルニアの方も同様で、施術によって筋肉をしっかり緩めていくと、坐骨神経痛の解消だけでなく椎間板ヘルニアの縮小や消失が見られることもあります。
そのため、当院では手術を勧められているような坐骨神経痛でも完治できている例は多くあります。
このことからも、坐骨神経痛のしびれを改善するには腰周辺の筋肉をしっかり緩めていく治療法が最も有効なのです。

 

坐骨神経痛の痺れは治る

坐骨神経痛の痺れが出ている。坐骨神経痛の痺れがずっと続いていると不安になる方もおられますが、しっかり治療することで坐骨神経痛の痺れが治る可能性は十分あります。
結局はどこかで神経が圧迫されているために痺れが発生していますので、神経の圧迫が解消されることで痺れも解消されていくのです。
もちろん何らかの治療を受けることが必須となりますが、痺れがなかなか取れないからといって諦めないようにしましょう。

坐骨神経痛の痺れは、すぐには消えないことも多い

坐骨神経痛の痺れは、すぐには消えないことも多いです。
当院で治療を受けている方の過程を見ていても、痛みが取れた後も痺れだけがしばらく残るケースはよく見られます。
もちろん最終的には痺れも消えていきますが、痛みのようにパッと解消できないこともあるのです。
坐骨神経痛の痺れが最後まで残る原因としては、神経そのものが炎症を起こしていることが考えられます。
これまで圧迫されていたために、その余韻が神経に残っているのです。
仮に椎間板ヘルニアの手術をしてヘルニア部分が除去されても、痺れだけが残るという現象もよく見られます。
しかし、圧迫の無い状態が続けば神経の炎症も落ち着いていきますので、徐々に痺れも消えていきます。
このように、坐骨神経痛の痺れが解消されるまでは段階があるのです。
坐骨神経痛の痺れでお悩みなら、一度ご相談下さい。

 

坐骨神経痛のしびれなら、越谷の整体オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛なら越谷の整体オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛の治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
【坐骨神経痛 埼玉】坐骨神経痛にはどんな治療がある?

 

※ホームページから坐骨神経痛のしびれについてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

Return Top