坐骨神経痛

坐骨神経痛で骨盤矯正をしてはいけない理由とは。

坐骨神経痛で骨盤矯正をしてはいけない理由とは。

坐骨神経痛の骨盤矯正。
坐骨神経痛でお悩みの方の中には「骨盤矯正すればスッと痛みが取れたりするのでは」と思っている方もおられると思います。
実際に当院に坐骨神経痛で来院される方からも、同様の質問をされることがまれにあります。
坐骨神経痛はかなりつらい症状ですので、できれば骨盤矯正を行うことで一瞬で痛みが取れてくれたらと思ってしまうのでしょう。
しかし、基本的に坐骨神経痛のときに骨盤矯正をするということはかなりのリスクを伴います。
症状が良くなるどころか、むしろ悪化させてしまうリスクが非常に高いのです。
ここでは、坐骨神経痛のときに骨盤矯正をしてはいけない理由について解説していきます。
坐骨神経痛でお悩みの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士も坐骨神経痛で来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛治療なら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院
 

坐骨神経痛で骨盤矯正をするリスク

坐骨神経痛で骨盤矯正をするというのにはかなりのリスクがついてきます。
これは一般の方ではわからないことなので、詳しく解説していきたいと思います。
まず坐骨神経痛という症状についておさらいしていきますが、これは腰の骨から下肢にかけて伸びている坐骨神経がどこかで圧迫されているために、お尻や足に痛みやしびれが出ている症状です。
坐骨神経痛を骨盤矯正。
このように、お尻にたくさんある筋肉のスジをすり抜けるような感じで足のほうまで伸びているのが坐骨神経です。
椎間板ヘルニアの方はヘルニア部分に坐骨神経が圧迫されている可能性があり、椎間板ヘルニアと診断されていない方は固くなったお尻の筋肉に坐骨神経が圧迫されている可能性があるというのが一般的な見解であり、間違っていないと思います。
この状態で骨盤矯正をしてしまうとどうなるかということです。
ただでさえ圧迫を受けている坐骨神経が、骨盤矯正をしてバランスが変わることでさらに圧迫されてしまう可能性が高くなってくるのです。
さらに圧迫されれば、坐骨神経痛の症状は当然悪化します。
これが坐骨神経痛のときに骨盤矯正を行うことのリスクといえるでしょう。
 

骨盤が家の土台と同じというのは嘘

「骨盤は家でいうところの土台と同じ」「土台が悪いと2階(上半身)もゆがむ」というフレーズを目にしたことがあるという方は多いと思います。
骨盤は住宅でいうところの「基礎」と同じということらしいです。
基礎が悪ければ、基礎に乗っている部分も歪みが生じてコリや痛みの原因になるという理屈です。
しかし人間の体は住宅と同じではありません。
骨盤が基礎なら、足は何になるのかということになります。
強いていうなら、足は地盤改良で基礎の下に打ち込む杭ということになるでしょう。
しかし下半身のバランスが悪ければコリは痛みが生じるというわけでもありません。ゆがみがあっても何の症状も無いという方はたくさんおられます。
当院に来院される方の中にも片方が義足という方もおられましたし、足を骨折したために片方の足が短いという方もときどきおられます。
そういった方はどうしても骨盤に歪みは生じますが、それでもコリや痛みの無い状態に持っていくことは可能なのです。
家は固定されたものですが、人間の体はそのときの心身の状態や周りの環境によって常に変化して動いています。
その点を無視して家と同じに例えてしまうのはナンセンスといえるでしょう。
一般の住宅でも、気は乾燥して収縮したりしてネジやボルトが緩んでいたりします。
しかし、そういった緩みがあったほうが地震などの外部刺激にも柔軟に対応できるのです。高層住宅などでは、わざと揺れるように設計してあるそうです。
姿勢が良くても硬直した状態というのは非常にもろく、逆にコリや痛みを生じやすいのです。
このことからも、無理して骨盤を整えてその状態を維持しようというのには疑問点が多くあるといえるでしょう。
 

骨盤矯正で足の長さを揃えると、坐骨神経痛は改善される?

一般的に、骨盤矯正をして両足の長さを揃えるようにバランスを取ることがいいといわれています。
しかし、それで坐骨神経痛が改善、もしくは解消できるのでしょうか。
答えは「できない」です。
両足の長さが違うときというのは、骨盤はこういった形になっている場合が多いです。
坐骨神経痛で骨盤にゆがみがある。
正常の場合は骨盤の高さが同じですが、骨盤の高さが違うと両足の長さに左右差が生じます。
右のイラストなら、左の骨盤が上がっているので左足が短いといった感じです。
この骨盤のゆがみを矯正してバランスを整えることで坐骨神経痛が改善されるかというと、そんなことはありません。
基本的に坐骨神経痛のときというのは骨盤がゆがみます。
それは痛みをかばうために、姿勢が不自然になるからです。
坐骨神経痛で骨盤の歪みがある。
坐骨神経痛で来院する90%以上の方は、こういったバランスになっています。
痛みをかばうために、上半身が横に流れてしまうのが特徴です。
上の図のようなバランスになっているときは、右足に坐骨神経痛が出ています。
右をかばって浮かそうとするため、上半身が左に流れているのです。
「本当にこんなバランスになるの!?」と思われるかもしれませんが、通常の腰痛でもこういったバランスの方はおられます。
気付いていないだけで、決して珍しいことではありません。
このように負荷をかけないためにバランスが崩れているのに、この状態で骨盤矯正をしてしまうと負荷のかかっていなかった部分に負荷がかかってしまうことになります。
そうすると坐骨神経への圧迫が増し、骨盤矯正したことで症状が悪化する可能性がかなり高くなります。
このことからも、骨盤矯正することで坐骨神経痛は改善されるということはまず無いと思っていいでしょう。
 

坐骨神経痛が良くなれば、骨盤矯正しなくてもバランスは戻る

坐骨神経痛が良くなれば、骨盤矯正しなくても自然とバランスは戻っていきます。
痛みをかばっているために歪みが生じていますので、かばう必要が無くなれば自然と骨格のバランスも戻ってくるのです。
このように人間の体は一定ではありませんし、歪みがまったく無いという方もありえませんので、多少の歪みというのは気にする必要はありません。
それでもまだ骨盤の歪みが気になるというのであれば、そのときは骨盤矯正しても大丈夫です。
坐骨神経痛の症状が無くなっている状態なら、骨盤矯正をしてもさほどリスクは無いでしょう。
 

骨盤矯正しなくても、骨盤の歪みは戻る

骨盤矯正しなくても、骨盤の歪みは戻る場合が多いです。
骨というのは筋肉とつながっており、筋肉によって支えられています。
そうなると、例えば筋肉が固くなって収縮すると骨も引っ張られてゆがみが生じてきます。
このことからも、骨盤のゆがむ原因というのは筋肉の固さや収縮状態にあるといえます。
逆にいえば、固くなった筋肉が緩んで収縮が解消されることで、骨盤も自然と元の位置に戻るのです。
「そんな簡単に戻るの?」と思われるかもしれませんが、簡単に戻ります。
それで戻りきらないというケースもあるので、そういった場合のみ骨盤矯正を行うこともあります。
これは骨盤の歪みだけでなく坐骨神経痛にもいえることで、固くなった筋肉を緩めることで坐骨神経への圧迫が無くなり症状の解消につながります。
骨格も自然と元の位置に戻るため、骨盤矯正することなく坐骨神経痛を解消することができるのです。
 

坐骨神経痛が骨盤矯正で悪化してしまうパターン

坐骨神経痛が骨盤矯正で悪化。
坐骨神経痛が骨盤矯正で悪化するといってもすべての場合ではありません。
ここでは、骨盤矯正することで悪化しやすい坐骨神経痛のパターンについて解説していきます。
まず骨盤矯正してはいけないのが、椎間板ヘルニアと診断されている坐骨神経痛の場合です。
特に、手術を勧められているような椎間板ヘルニアの場合は絶対に骨盤矯正を行ってはいけません。
禁忌といえるでしょう。
その他、歩行困難や寝たきりになってしまうくらい坐骨神経痛の症状がひどいケースでも骨盤はいじってはいけません。
このような状態のときに骨盤矯正などしようものなら、痛みやしびれが強くなってしまう可能性が非常に高いのです。
坐骨神経痛は体重を乗せたりする程度の負荷でもきつい症状です。
そのような敏感な状態のときは骨盤矯正という刺激はかなりの負担になってしまい、坐骨神経痛を悪化させてしまうのです。
 

坐骨神経痛で骨盤矯正をしてもいいパターン

坐骨神経痛で骨盤矯正をしてもいいパターンというのもあります。
ごくまれにですが、骨盤のゆがみが原因でお尻や足に痛みやしびれが出ているケースがあるのです。
こういった場合は骨盤矯正することで坐骨神経痛の改善につながります。
骨盤矯正したほうがいいかの判断は施術者次第です。施術者の経験などに委ねられます。
しかし、骨盤矯正で坐骨神経痛が改善できるケースというのは滅多にありません。
9割以上の坐骨神経痛では骨盤矯正はできませんので、まず期待しないほうがいいでしょう。
 

坐骨神経痛は骨盤矯正せずに筋肉を緩める

坐骨神経痛を改善・解消するには、骨盤矯正などの安易な施術に頼らず、筋肉を緩めて負荷を減らすことがとても重要です。
筋肉を緩めることで症状の改善につながりますし、骨盤や背骨のバランスも自然と戻ってきたりします。
そして、そうやって地道に良くなった症状というのは簡単にはぶり返したりしません。
坐骨神経痛を解消するには筋肉を緩めるということが最善の治療法といえるでしょう。
 

坐骨神経痛でお悩みなら、越谷市の整体院オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛治療なら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
坐骨神経痛の治療について。
 
※ホームページから坐骨神経痛や骨盤矯正についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで