坐骨神経痛

【坐骨神経痛 ストレッチ】坐骨神経痛はストレッチで良くなる?

【坐骨神経痛 ストレッチ】
坐骨神経痛はストレッチで良くなる?

坐骨神経痛でストレッチしている。
当院に坐骨神経痛で来院される方にも、ストレッチしてもいいのか?という質問を受けることがあります。
中には実際にストレッチを試してみたという方もおられます。
そういった実際の症例も含め、坐骨神経痛とストレッチについて解説していきます。
坐骨神経痛でお悩みの方、ご参考下さい。

理学療法士や作業療法士、実業団選手も坐骨神経痛で来院する整体院

重度の坐骨神経痛にも対応できる整体院です。
坐骨神経痛治療なら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院
 

坐骨神経痛のときはストレッチしてもいい?

ストレッチを行っていい場合もありますし、ストレッチしないほうがいいという場合もあります。
坐骨神経痛の症状も度合いがありますので、軽度の坐骨神経痛ならストレッチしても問題ありません。
少しお尻が痛いとか、太ももやふくらはぎが少し痺れるといって程度の坐骨神経痛です。
この程度の症状は軽度ですので、ストレッチしても大丈夫でしょう。
しかし重度の坐骨神経痛の場合はストレッチは行わないほうがいいです。
歩行困難だったり、寝たきりに近い状態で日常生活に支障が出ている坐骨神経痛の場合は、無理にストレッチを行ってはいけません。
一言で坐骨神経痛といっても、症状の度合いや痛みを感じる体勢など人それぞれです。
それによってストレッチを行っていいかというのは変わってくるのです。
 

軽度の坐骨神経痛はストレッチで治る?

軽度というのは少しお尻が痛い、少し太ももやふくらはぎに痛みやしびれがあるといった程度で、日常生活には支障が出ていない状態を指します。
この程度の坐骨神経痛ならストレッチすることで症状が緩和するケースも見られます。
しかし、それで坐骨神経痛が完治するかというとそういうわけではありません。
基本的に坐骨神経痛は腰から発症している症状ですので、腰の状態がしっかりと良くならないと完治とはいえません。
ストレッチで坐骨神経痛が一時的に落ち着いたと思ったら、以前よりひどい症状が発症したというケースも実際にあります。
坐骨神経痛はストレッチだけで完治させようとせず、何らかの治療と並行して受けるなど工夫が必要です。
 

重度の坐骨神経痛はストレッチできる?

重度というと、歩行するのもきつかったり家でも寝たきり状態になっているくらいの坐骨神経痛です。
正直、このくらいの症状を有している坐骨神経痛の場合はストレッチしないほうがいいでしょう。
無理をしてストレッチを行おうとすると、逆に坐骨神経痛を悪化させてしまう可能性も出てきます。
坐骨神経痛がストレッチで悪化している。
重度の坐骨神経痛を発症しているときは、刺激に対してかなり敏感になっています。
普段なら何ともない刺激にも耐えられないのです。だから歩行すらできなくなっています。
ストレッチしようとすると体を曲げたり足を伸ばしたりする必要があります。
しかし重度の坐骨神経痛の方というのは、体を曲げることも足を伸ばすこともできなかったりします。
なのでストレッチしようとしても、まずできません。
重度の方は決して無理をしてストレッチはしないようにしましょう。
 

坐骨神経痛ではどんなストレッチがいい?

基本的に無理な体勢は取らず、体育の授業でやっている程度のストレッチがいいでしょう。
座った状態で足を伸ばして前屈したり、開脚して前屈したりです。
脚を伸ばすことでお尻や腰の筋肉に良い影響が及びます。
ラジオ体操的な動きで上半身をひねったり伸ばしたりするのもいいと思います。
ストレッチで坐骨神経痛を治す。
インターネットで検索すると、坐骨神経痛に効くストレッチの動画などがたくさん出てきます。
梨状筋を伸ばそうとするなど、かなり無理な体勢のものも多く、そういった動画を実際に真似して逆に坐骨神経痛が悪化したという方もおられます。
ストレッチは毎日の積み重ねなので、一回やったくらいで坐骨神経痛を良くするというものではありません。
坐骨神経痛を早く治したい気持ちはわかりますが、まずは無難な体勢からのストレッチをできるようにしていきましょう。
無理なストレッチは坐骨神経痛を悪化させるリスクがあり、逆効果となります。
 

坐骨神経痛のとき、ストレッチはいつすればいい?

ストレッチはいつすればいいでしょうか。
筋肉が緩んでいるとストレッチで伸びやすくなりますので、お風呂上りが一番いいでしょう。
体が温まることで血流が促進し筋肉が緩みますので、お風呂上りはストレッチで伸ばせる範囲が増したりします。
そのタイミングがストレッチするのに一番適してるといえます。
 

坐骨神経痛を治すには、ストレッチだけでは足りない

坐骨神経痛を完全に治すには、ストレッチだけでは足りません。
ストレッチはあくまで補助的なものと考えたほうがいいでしょう。
基本的に坐骨神経痛というのは何らかの治療を受けて治していくものです。
坐骨神経痛は日常生活に支障が出る症状としては指折りです。
まずはしっかりした治療を受けることが重要となってきます。
ストレッチは坐骨神経痛を治すためのものではなく、坐骨神経痛が良くなった後の予防として行うのが一番効果的といえるでしょう。
 

坐骨神経痛でお悩みなら、越谷市の整体院オーラウェーブ療術院へ。

オーラウェーブ療術院
埼玉県越谷市相模町2-141-2
※電話予約制
TEL 048-985-4012
ホームページ
坐骨神経痛治療なら越谷市の整体院 オーラウェーブ療術院

坐骨神経痛について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
坐骨神経痛の治療について。

※ホームページから坐骨神経痛についてメールで問い合わせることもできます。
お気軽にお問合せ下さい。

オーラウェーブ療術院
越谷の整体なら
オーラウェーブ療術院へ
埼玉県越谷市にあるオーラウェーブ療術院では、肩こり腰痛・ぎっくり腰・自律神経の乱れなど様々なお悩みに幅広く対応致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
【営業時間】9:00~20:00 ※不定休
最終受付19:00まで